1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 文章解析AIトップベンチャーのストックマーク、WiLから資金調達

农物

日本語の文章を解析するAI(=自然言語処理技術)を用いて、企業のデータドリブン経営、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するストックマーク株式会社(東京都港区:代表取締役CEO 林 達、以下ストックマーク)は、WiL Fund Ⅱ, L.P.(以下WiL)を引受先とする第三者割当増資を実施した。

企業でのデータ活用の重要性が高まっている昨今、マッキンゼーの調査は、データを活用したデータドリブン経営による潜在価値は1000兆円以上にのぼると試算されている。
(出典https://www.mckinsey.com/featured-insights/artificial-intelligence/visualizing-the-uses-and-potential-impact-of-ai-and-other-analytics

一方、企業におけるデータのうち、数値などの構造化データはおよそ10%ほどにとどまり、90%は文章などの非構造化データといわれるものだ。ストックマークは、非構造化データであるテキストの解析で企業のデータドリブン経営、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支援している。例えば、商談メモや企画書などの文章を解析することでお客様のニーズを抽出する、文脈レベルでの類似資料のレコメンドで書類作成業務が効率化される、web上のニュースの自動分類が可能なことで世の中のトレンドを業界・地域・時系列で瞬時に俯瞰して可視化する、トレンドがわかることでブルーオーシャンの気づきやイノベーションの発掘、業界侵食の兆しなどを発見する、といったことが可能となると言う。

今回の調達資金は、プロダクトの付加価値向上のための研究開発費、事業規模拡大に向けた人件費、プロダクトの認知度向上のための広告宣伝費として活用する。

日本企業における文章データ解析の普及を目指し、お客様満足度の向上を図り、R&Dの強化、企業の変革、イノベーションの一端を担うよう邁進していくと言う。

有机磷农物能抑制哪个酶活性